のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きといってるだけ。過去の観劇日記もこちらに置いてます。某病理の元研究員なので科学系の話も少しだけ。

人生初。私のリモートワーク

お題「#おうち時間

黄砂が飛来中です。
ガサガサです。お肌の調子が最悪。お天気めっちゃいいのに、どんより。

さて。
人生初のリモートワークをやっている。4/30現在、週の半分職場に行き、週の半分在宅ワークである。
自分の性格をよくわかっている、と思っていた私は
「あーダメだすぐサボろうとするよ私」
と思ってたんだけどもそうでもなかったので、何故「そうでもなかった」のか考えてみた。

 リモートワークのやり方、として何か参考になればいいかなと思う。
 私の仕事の場合、会社から「これをやりなさい」というのが特になかった。
とにかく「職場にくるな、仕事はやれ」だけだったんである。だいぶ乱暴な話だ。

 というわけで、そんな野放し状態での、私の在宅ワークのメリット・デメリットを挙げたい。
ちなみにコロナウイルス感染防止へのメリットデメリットはもうわかってるから割愛!それ以外で!

メリット
1.勤務時間が固定される。突発的な残業がない(睡眠時間が確保できている)
2.通勤時間カット(睡眠以下同文)
3.比較的時間の使い方に自由度がある

デメリット
1.同僚との打ち合わせ、相談、情報伝達がめちゃ面倒くさい
2.在宅ワークがよくわかっていない家族から用事を言いつけられる(立場的に最弱)
3.動画(プレゼン資料)撮影中に家族の声が混じる(動画編集できないのでゼロから取り直しになる。せつない)
4.うっかりサボりそうになる
5.間食増える(ヤバい)
6.性格上、1つの仕事を一気にやろうとしてしまう。そのため座り続けてしまうので体が危ない(みしみし)
7.在宅だと「できること」がかなり限定されてしまう
8.私が今やっていることは後々ちゃんと役に立つのか、という疑心暗鬼に陥り、心が折れそうになる

まあ当然だがデメリットが多い。これでメリット多かったらもうずっと在宅ワークにしたらいい、という話だ。
で、ちゃんと仕事ができている理由を考えてみた。以下だ。

ちゃんと仕事ができている理由
1.作ったものを同僚たちが褒めてくれる(ホントにイイ先輩後輩に恵まれたなと思った)
2.1日の最初に「今日やること(ここまでは終わらせるなど)」をきちんと決める。
  そして、1つ1つ終わるたびにその「To Doリスト」で「できたこと」を消す。
3.1日の最後に「明日やること」を決める。
  そして、翌朝そのリストをもう一度見直す。
4.こまめに水分・糖分をとる(あっ)
5.こまめにストレッチする
6.動画をとるときには「今から動画とるから〇分間静かにしてね」と家族に声をかける
(それでもチャイムがなっちゃったりするけどいい、そのくらいはイイ。ショーマストゴーオン)
7.机の上を片付ける。不要なものは見えないところに置いとく。必要なものは1か所にまとめて置いとく。

 であった。意外とまじめな性格だった。むしろ1つのことに集中しちゃうことが問題だった。そういう人は多いんではないかと思う。
 
 がんばろうとか負けないとか打ち勝つとかそういうのはなんかちょっと違うと思っている。拍手もなんか変だと思っている。へんなかんじがする。

 ただ私は、今やれる「自分の仕事」をきちんとやっておきたい。のよ。
 振り回されることなく、自分のことも大事にしつつね!

 皆様、どうぞ体に気を付けて!
 私も気を付けながらがんばるー!(手をぶんぶん振っています)(しかも結局頑張る)