のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きといってるだけ。過去の観劇日記もこちらに置いてます。科学系の話も少しだけ。

冬眠している場合じゃなかった、2023年2月初旬。

…なんだか冬眠しそうだった…あぶなかった…。

お久しぶりです。1月後半寒かったですね。できたら冬眠したかったんですが、年明けからいきなりアクセルべた踏みみたいなスケジュールで、寒さで冬眠しそうだった私を周囲が鞭打つ感じで忙殺され、結局冬眠は叶いませんでした。無念。(?)

 出張も多くて、だからこそかもしれませんが移動時間とか待ち時間とかに読書しました。

 今回3冊。今年の2作目~4作目です。

 

 疲れた人に夜食を届ける出前店 中山有香里 著

 レシピシリーズ?の第2弾。マンガです。タイトル通りの超短編がいっぱい。
 料理超初心者でも大丈夫なレシピが満載なので、4月から初めて一人暮らしをする人とかにプレゼントとして渡すといいな(そんな知り合いはいないが)、とすごく思いました。

 ストーリー的には1作目が断然好きなんですが、こちらの方がいいな、って人もいそう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

疲れた人に夜食を届ける出前店 [ 中山 有香里 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2023/2/4時点)


 

 

 神のダイスを見上げて 知念実希人 著

 知念さんの作品第3弾。

 地球に隕石が衝突する、その前に姉を殺した犯人を殺す。と復讐に燃える男子高校生が主人公。

 面白かったか、と言われると面白かった。けど、私には合わなかった。

 なんだろうか、若い。文章がなのか主人公が、なのかわからないけれど(多分前者)、若くてなんだかちょっと二次小説読んでる気分になった。イミテーションな感じというか…なんだろう、ちゃんと文章で伝えているのに目の前にその光景と臨場感が広がらないところが多々ある。知らない世界を想像して書いてみました、的な感じがどうしても残ってそれが違和感だったかも。

 合わなかった…残念である。でも「一秒のカルテ」は面白かったので、これにめげずまた読もうと思う。 


 

 

 古本食堂 原田ひ香 著

 今年はまだ始まって一か月だが、現時点で今年一番のヒットである。
 原田ひ香さんと言えば著書「三千円の使いかた」がものすごく宣伝されていて、それはもうあっちもこっちも手あたり次第ってほどで、帯も凄く煽っていて正直(はい深呼吸ー)

 

 

 

 手に取る気になれなかった本の著者である(←こら)。

 それがドラマ「一橋桐子(76)の犯罪日記」を母が録画をしてまで観ていたのを横目で見て、ちょっと「あれ?面白いかも?」と思いなおし(主演の松坂慶子さんが本当にキュートで愛らしかった)、同僚の読書家の人に「面白かったよ」って今回の著書を薦められて読んでみた。読んだ。

 

 食わず嫌いでごめん。

 面白かった。最初の1ページでもう面白いってわかった。 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

古本食堂 [ 原田 ひ香 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2023/2/4時点)


 

 死んだ兄の店である、東京の古本屋を相続した妹と、親戚の大学院生の女の子のお話。

 年を重ねても自分の人生を生きるって悩むし大変だしいろいろ問題が起こるんだよな、って思いました。それでもみんなやがてちゃんと前を向いて「なんとかしよう」って思っているのがとても良いと思いました。じんわり「がんばろ」って思える本でした。

 読んでよかった。

 

春になっても餅は食べたい(好き)、2023年1月中旬。

今週のお題「あったかくなったら」

 タイトル通り、猪突猛進じゃだめだ、今のうちに考えておけよ、ということなのだろう。

 春か…なんか…なんか遠い気がする…まだ寒いし。
 ただ、春というとざっと思い出せるだけでも、
 今手掛けている大きめの案件が終了し、
 ダンスの発表会が終了し、
 ライブの参戦が1つ終わっていて、
 人事異動がある。

 とりあえず今の諸々のてんやわんやにひと段落ついているはずである。
 というわけなので、春の私は


 オシャレをしたいと思う。(しごとは)

 冬の初めに購入した、古着(新品だと手に入れられないハイブランド品)のお直しに時間がかかって着るタイミングを逃したパンツがあって、それを着て美術館と舞台観劇に行くのだ。そのうち一つは久々の大阪だー!Yeah!(絶賛多忙のために疲れています)
 髪もショートにするのだ!(←春にはダンスの発表会が終わっているから)
 大き目ピアスを見せびらかすのだ!

 

 冬は冬のオシャレを楽しむのだけれど、春は春で楽しいなあ。
 というわけで、頑張ってこの冬を乗り切ろう…。

2023年1月中旬。のんびりとした仕事はこの世にないのかもしれない。

年明けから忙しくなることはわかっていたのだけれど、やっぱり忙しいです。
叫びたいどこか高いところで!という忙しさ。人が足りてないぞ!なんだこりゃ!
 そんな日々の中、今年の1冊目、知念さんの本は2冊目。

専門家の人が、その専門の仕事についての小説を書いたら面白い、というのは以前からたまに言っていることだが、この本も当てはまったなあという感じでした。

 祈りのカルテ 知念実希人 著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

祈りのカルテ (角川文庫) [ 知念 実希人 ]
価格:704円(税込、送料無料) (2023/1/15時点)


 

 研修医の男性が主人公の短編集。

 ちょっと周囲に気を使いすぎる性格の主人公も面白い。話がさくさく進んでいくのもいいのかもしれない。

 研修医の先生方や現場の大変さが垣間見えるのがいいと思う。
 するっと読めるし面白かったです。

2023年元旦、私の野望10。





特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと

 というわけで、2023年が始まりました。

 あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。あっちもこっちもどうぞどうぞどうかよろしく…(懇願)。

 さて、今日は元旦。

  家族でおせちを食べながらいつものように飲んだくれ、日が暮れました。

 今(午後五時半)正気付いた(ひどい)。

 どのくらい飲んだくれていたかというと、

 ママが秘蔵のワインを2本空けてしまいました。あー

 その前にお屠蘇もビールも日本酒も飲んでいる。あーだめだー

 途中で宅配の人がいらしたのですが、一番マシなひとが応対をしました。ごめんなさい…これでも一番マシなんです(私だ)。お正月からごくろうさまです…すみませんすみません…。

 そんな1月1日。 

 

 さて、もはや過去のお話を。

 2021年までの数年間、私は毎日毎日様々なトラブルややっかいごとに巻き込まれながら仕事をしていた。特に2021年は意図せずトラブルシューターとして引っ張り出されることとなり、それがもう紅白歌合戦で紅組の中堅どころとして歌うつもりでいたのに突然白組トップバッター(主に若手枠)で歌えって言われたみたいな人事で(伝われ)、「そんなばかなー」と言ってるうちに連行された。そんな部署で、最高潮にあわあわしている中での紫斑病発症であった。結果はともかくとして(え)、完走できて良かったなと思っている。歌いあげたよ私は!みんなありがとう!

 そしてスタートした2022年。病の不安定さを理由にトラブルシューターの役割を離れ、本来業務に戻った。本来業務は忙しいけど…精神的に安らか!!

 というわけで、病状は相変わらず不安定なのだけれども、自覚症状がほぼないため、日常生活・社会生活はごきげんに過ごせた。よかったーいい一年だったー!

 


 というわけで、行くぜ2023年!やりたいこと10である。

 

〈継続していきたいこと〉

(1)刺しゅうのペンダントをつくる(デアゴスティーニ

 単発で終わるやつならできると思うの!なぜなら数時間でできる刺しゅうやクマは昨年作れたから!

simuramiori.hatenablog.com

simuramiori.hatenablog.com

(2)なかやまきんに君さんの筋トレ

 今から怖い話をしよう。知らない間に腹が育っているんだ…腹囲だ。
 理由はたぶん反り腰。反り腰なので腹筋に力が入りにくい。筋トレでも腹筋が苦手。もうそれしか思いつかない。というわけで、少し腹囲をなんとかしたい。4,5月頃に職場の健康診断で計測があるから、今までも筋トレやってたけど、それにプラスして腹筋を集中してやる。やるよ私は!

 

(3)本を25冊読む

 2023年は2022年より忙しくなるのがわかっているので、今年30冊以上読んでいるのだけれど、甘めにした。

 

(4)ピアノ「ガーシュイン」の何かと、「革命のエチュード」を弾きたい

 ガーシュインを弾いたことがないので弾きたい。

 革命のエチュードも弾きたい。

 できれば両方やりたい(欲まみれ)

 でもそれをやるためには今やっている即興曲シューベルト)を何とかせねばならない…なんとか。

(5)職場でもお部屋でも、いらないものを捨てる。ジェンガにしない。

 とにかく書類が多い。紙もデータもすごい。捨てる。もう…もう全部ぽい。ぽいだー!(まだ酒が残っています)

 

(6)今年こそ温泉

 九州はあちこちに温泉が湧いている。我が家からも30分ほど車で走れば素敵な温泉街に行ける。だというのに、私は2022年温泉に行けなかった。足湯にも入れていない。近くて遠い、それが温泉郷。近くでいい、行きたい。

(7)英語学習を継続する

 2023年は海外旅行を再開したいのだ。というわけで今やっている「Duolingo」というアプリで短時間学習を継続したい。

 

〈新規でやりたいこと〉

(8)もう少しダンスのことを書く

 週1で踊っているのだが、日記にあまりにも書いていないことに気づいたので、もっと書いてもいいんじゃないかと思った。いいぞダンス。

(9)4キロやせる、そのために定期的に体重チェックする

 腹囲がな…年々育っててな…(泣)

 腹を中心に筋トレで攻めたい。とりあえず1部位を1日10回やれ、ってなかやまきんに君せんせいが言ってたからやってみたい。1日10回は無理でも継続した。なんなら腹筋割りたい。

 4キロ減というのは、そうするとコロナ前の体重に戻るのですよ。とりあえずは2キロ減を目標にして最終的に4キロ減にしたい。

(10)伝えるための資料を作りたい。

 最後にして初めて仕事の話だ。

  私は一応専門職なので、誰かが「知りたい」と思っていることをある程度詳しく知っていて、何だったら説明できちゃったりすることがある…ような気もするので、そのための資料を作れたらいいなと思う。とりあえず今ぼんやりと思いついているだけなので、どこでどんな風に発表するかというところまでは考えていないけれど、まずは職場内やその周辺に上手に伝わるような何かが1つでも作れるといいなと思っています。

 とりあえずトライしてみる。

 

 というわけで、昨年よりぐっと減りましたがブラッシュアップの10項目です。

 がんばりたい!!

  

2022年12月末、これぞ「歪み」

 久々の三崎亜紀さんである。この人の描く「異世界ファンタジー」はあまり好きではなく「日常の中に異様な違和感(しかもでかめ)が1つ」みたいな日常の延長線ファンタジーが好きです。というわけで今回ビンゴ、今年32作目。短編集

名もなき本棚  三崎亜紀 著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

名もなき本棚 (集英社文庫(日本)) [ 三崎 亜記 ]
価格:638円(税込、送料無料) (2022/12/28時点)


 

です。

 あーこれこれ。

 あーこの他にない感じ。

 スノードームと、Book Day が好きだった。

 解説にもあるけれど、ものすごく「変」なことがあるのに、それを許容してしまっている世界と人々、というところから話が始まる、というのがすごくよくわかる表現だなと思いました。

 違和感について「何故」「どうして」が一切ない世界。

 それが現実とも結びついているので、私は読みながら、感じた違和感はちゃんと伝えていかないとなと思う次第です。

 そうじゃないと現実世界もどんどんこんな風に知らないうちにじわじわと歪んでいってしまうような気持ちになる。それは私にとっては恐ろしいことなのだけれど、多分世の中はきっと「そう」なのだろう。

 ご注意ご注意。

 

いつものやつ。しゃばけシリーズ、2022年12月後半

「そろそろ本格的に寒くなってくるから、ちょっと本格的に頑張って脂肪をつけないとね」

 と、朝食食べたばっかりのママがいそいそと頂き物の饅頭を出し、コーヒーを沸かし始めた。

 それを見たパパが

「さすがだな、俺たちとはもう心構えから違うな」

 と妙な感心をしていた。

 太ってるから健康診断で怒られたんでしょが!肋骨骨折疑惑があったとき(あった)「太ってて折れてるかわからない」って言われたんでしょが!

 

 と諭す私。馬の耳にナントカ。

 そんなクリスマス寒波の日。ごきげんようです。

さて、読みました。今年31冊目。

 こいごころ 畠中恵 著

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こいごころ [ 畠中 恵 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/12/25時点)


 

 いつもの「しゃばけシリーズ」最新刊です。短編5作。

 もはや惰性で読んでいる、というのもいつも言っているなあ。

 可もなく不可もなく。

 今回は平穏な話が多かったように思います。あっ、若だんながわりと元気だった。

 妖がたくさん出てきてたくさん宴会をしていたように思うので、この年末にふさわしい一冊だった気がします。

 

 というか毎度言っていることだから今回も言わせていただくとだな、

 私はこの話が「寝込んでいる病弱若だんなが、誰もいない、誰も来ない離れでひっそり空想している話」とかだったりしたらイヤなんだよ!

 という気持ちが心の片隅にある。

 そんなんじゃないように祈りたい。

 

 

2022年12月中旬の今日、この冬初の雪でした。

今週のお題ビフォーアフター

 今年の1月に立てた目標どんだけできたかな。

 というわけで振り返ってみたい。

simuramiori.hatenablog.com

 それではいきましょう。

(仕事編)

1.資料を3つは作る。

 ふ、ふたつ…がっくり…

2.通院こみで、有給休暇を〇日むしりとる。

 むしった。有休の三分の一。精一杯…多分来年はむりかも…ブラック…

3.仕事のデスクをジェンガにしない。

 今のところジェンガにはなっていない!でもなりそう!師走いそがしい!

4.仕事中の間食を減らし、飲み物(プロテインとか)に置き換える

 むりだった。プロテインに弱いからだだった…!たくさん飲めない(おなかこわす)

 次にいってみよう!

 

(趣味編)

5.刺繍(春編)を完成させる。

 いっそもうなかったことに…長い目で見ようとおもう…

6.綿をこっそり育ててやる(種をまいてしまえばこっちのものだ…)

 育てた!育った!ちょっぴりだけど綿とれた!来年も作ろうかな。

7.グリーンカーテンをこっそり作ってやる(種をまいてしまえば…以下同文)

 育った…けれどもグリーンカーテンにはならなかった…作り方がわかったので次の夏はやる…!

8.いろいろ収穫してやる

 ミニトマトが一番収穫できたかも。次が綿、次がゴーヤー。

9.華麗なるターンをマスターする(今年こそ)

 最近うまくなってる気がするんだ…(察してほしい)

10.温泉につかる。無理ならせめて足湯…

 無理だったよ足湯どころか足先さえ無理だったよちょっとどうしたらいいのさ!近くて遠い温泉への道!

11.昨年同様、本を読んだら一言でもここに書きこむ

 クリア!

 

12.仕事以外で本を12冊以上読む。(現時点で今年3冊読了済)

 読んだ!クリア2つめ!現時点で30冊読みました!

 

13.映画を見に行く(2回以上)

 行きました!映画館で「xxxHolic」「シン・ウルトラマン」「ヘルドッグス」を観ました。おっと全部邦画だ…!そして今観たい映画も邦画…!

(学習編)

14.着物を習いに行く(ママの着物がタンスの中で熟成されすぎているため)

 毎年できていない。うーんうーん。仕事との折り合いがつかない。縁がないのかな…

15.鬼滅の刃の何かを弾けるようになる(何か、と言ってるあたり詳しくないことがわかるな…)

 弾けるようになりました「炎」。

16.ラベルとシューベルトを弾く

 弾けました。シューベルトは暗譜できたかも。

17.英語で文通しながら語彙を増やす

 やむなく断念。続かない…。もう少し共通する何かがあるといいんだろうなと思いました。推しのようななにかが…。

18.英語の本を読む(とりあえず1冊。うまくいけば2冊)

 えーうまくいきません。でも論文(英語)は読んでるよ(それは仕事)。

(美容編)

19.ハンドクリームと同じくらいこまめに化粧水を使う

 なんと!できています!すばらしい!まさかできると思ってなかった!

 コツはですね、洗顔することです(コツでもなんでもない)。

 テレビで「朝洗顔がよい」というのを見てから毎朝泡立てネットで泡立ててきちんと洗っている。そのせいか、肌の調子がすこぶる良い。で、必然的にその後化粧水を使う。イイ。

 あと、使う場所ごとに置いておくのも良いです。「近くにないから、ま、いっか」がなくなった。

 

20.体を少し柔らかくしたい(前屈、床であと9センチ)

 今計ったんですよ…結果、床まであと8.2センチだったんですよ……

 

 びみょう…(ふくざつな顔)

 

21.昨年全く使い切れていない試供品を使い切る(できれば上半期内に)

 使い切りました!

22.パックも使い切る

 使い切れませんでした!(あと2つ)

 

(その他)

23.ゴミ袋2袋分くらい部屋の中のものを捨てる(昨年大分処分したので今年は2袋)

 今からです…!ええ!

24.〇円貯金する。(つまりは買い控え続行…)

 買い控えられませんでしたが、そこそこイイカンジです

 

というわけで、結果は24個中15個(曖昧なものも含まれています)。

 

 …いいんじゃないかな!(自分に甘いタイプ)

 

今から達成できそうというかしたいなというか、というのが23番なので、16個を目指したいと思います。