のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きといってるだけ。過去の観劇日記もこちらに置いてます。科学系の話も少しだけ。

大人だって苦手なものもあるし苦手な人もいる。2022年5月上旬。

つい先日、

「見つけた〇キブリがなんと新種で、正式登録されました!!大発見!!キャー(≧▽≦)写真を送るね♡」

 というような連絡がきました。おめでとうよかったね、だけど何だろう、気持ちはわからなくはない、ないけどもだ、世の中には意味もなくゴ〇ブリを苦手としている人たちがいるんだよ私がそうだよ、とどう伝えたらわかってもらえるんだろう。とりあえずもう写真は送ってこないで(アカボ シルリ〇キブリと言います。興味のある人は検索してみてね…私は強制的に見せられたけども)。

 

 さて、苦手なものは避けたらよろしいのです。でもどうしても避けられないものもある。今回の写真もそうだった。不意を打たれた。やられた。

 

 ちなみにそのほか、最近避けきれなかった「苦手」は、本社への出張(←朝6:30に家を出ないと間に合わない。遠い。そしてまだまだお呼ばれしているあと4回だったか5回だったか…)。出先で出されたコーヒー(苦くて飲めない)。突然洋服をほめてきた別部署の同僚……いやっ、全然イヤじゃないんだむしろありがとうなんだけども、何も考えずに寝ぼけて掴んだ服を何となく着ていた日だったため(←よくやる)、とっさに自分が何を着ているかさえ思い出せなかったんだごめんようまく返せなくて!!
 そして苦手な仕事関係者だ。これは避けられない。

 

 私には「あーキライー」っていう仕事相手が二人いる。片方は男性、片方は女性。ちなみに年齢は私より数歳上と数歳下である。つまり、年齢とか性別とかに関係なくキライである。幸いなことにどちらも別支社の方々なのでお会いする機会はほぼない。この「二人」という数字が多いのか少ないのか、私にはよくわからないのだが、自分的には多いのではないかと思っている。ちなみに「キライ」は「ニガテ」のワンランク上だと思ってほしい。ちなみに苦手なのは、自分の意見とか自分の案を持たないひとです。私の仕事の場合、そういう人と一緒に仕事すると負担がすごいからです。

 話を戻そう。

 先日の出張でバッタリその「キライな人」の一人と会ってしまった。いや、出張先にいるかもな、と思ったんだけど案の定いた。そして多分向こうも「ちっ、あいつがいる」と思ったような気がする。こいつと会うのはおよそ1年ぶりだ。できれば会いたくなかった。

 私はキライな人と会うといつも「あーやっぱりーやっぱりキライだったー!」と再認識するのだが、何度も再認識しているうちに、大体の法則がわかってきたので報告したい。以下2つである。

 

(1)キライな人は第一声からキライである。

(2)明らかに無茶な要望、またはおねだりをする。

 

 一つずつ、先日の体験を語ってみたい。

 

(1)キライな人は第一声からキライである。

 一言目を何とかしろ、と言いたい。ちなみに今回

「おはようございます。お久しぶりですね皆さんお元気でしたか?」的に会話を始めた私に対して

「あ、〇〇さんがいないんだ。じゃあ俺今日やる気しないー」

 って言いやがった…そこになおれ。まずは私の問いかけに対して「全然元気じゃない」って言え。そして帰れ。

 と、私が別の方向にやる気満々になる(殺意)。

 

 ちなみにもう一人のキライな人は2年前に会ったときには第一声が「あれー?なんか太りましたー?」だった…いないけど、もうお前も帰れ。

 

(2)明らかに無茶な要望やおねだりをする。

 これは、私に向けられるときと私でない他者に向けられるときがある。

 今回の出張で会ったキライな人は(1)の会話の後、速攻で

「〇〇さんを呼ぶことが条件だって言いましたよね?約束と違うじゃないですか」とクライアントにごねてた。

 ……今更言ったって、お前の好きな〇〇さんは来ねえ。

 ただでさえイヤな出張に来ていて行く前から帰りたいと思っている私だって文句言わずに仕事しようと気持ちを奮い立たせて、君の2倍以上の時間をかけて来ているんだよ…(殺意)。 

 

 あと「次に会うとき」の話をするなあとも思う。

 別にイヤな会話じゃないんだけど、もう次はない、と毎回私は思っているのに、この人たちは思わないんだなあ。なんだろう、私のこと好きなの?(←言ったら間違いなく激怒される)

 

 とりあえずキライな人は会うたびに「キライかどうか」確認してしまう。
 今のところ「あれ?意外といいやつじゃん」とはなっていない。でも特に残念でもない。あの人たち、一言目からヤなこと言うし。

 けれど、キライな人と会ってしまっても「イヤな奴と会ってしまった今日は厄日だ(どんより)」とはならない。
「あーやっぱりキライだったー!(大の字)」ってなる。いつから私がこの「確認」をやっているのかもう覚えていないけれど「嫌いな人への対処法」としてはだいぶ大人の対処をしているのではないかと、自分のことながら思ったり。

 

 とりあえず、会わない方が多分お互いに平穏なんだけどもし次に会うことがあったら一言目にどんな嫌なことを言うのだろう、とちょっとだけ楽しみなような気がしなくもない。

 

 会いたくないけどねー。

 

私が小説を好きな理由が少しわかった気がした、2022年5月。

 ちょっとよくわからなかったけれども、乗りかかった舟だなと思ったのでこっちも読んでみた。映画…かマンガ…の小説版??

 

「サマーゴースト」 原案 loundraw  小説 乙一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サマーゴースト [ 乙一 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/5/8時点)

楽天で購入

 

  死にたいと思っている高校3年生の主人公と、理由は違えど同じように「死にたい」と思っている高校生男女、その3人と「夏だけ現れる幽霊」である「サマーゴースト」の女の子の、ひと夏のお話。

 結末まで言っちゃうと死ぬし生きる(雑だって言われますええ言われますとも)。

 

 わかるんだ。主人公の気持ちも周りの人たちの気持ちや行動もわかるんだ、わかるうえで言う。

 テーマが同じだからなのか文章を書いたのが同じ人だからなのかちょっとよくわからないけれども「一ノ瀬ユウナが浮いている」と良いところも悪いところもなんだか似ていた。
 いいところは「主人公がいいやつ」なところだ。あと友人たちもいい。

 悪いところは人がないがしろにされているところだ。蔑ろ、というか書き手の気持ちの面において、登場人物にあまり関心がないのではないか、と思ってしまうような文章だったところだ。数少ない登場人物たち、なのに大事にされてない気がする。映画が先だからかな。

 私がキライな小説のパターンに

 いい人は何やっても「いい人」で、悪い人は何やっても「悪い人」

 というのがあるが、それに近い感じがする。

 

 私は感情移入できるかできないかはともかくとして、主人公やその周辺の人たちと同じ立場に立って、言葉を換えるならば「寄り添って」、一喜一憂していたいのだ。そのためには、プロフィールみたいな登場人物像などは役に立たないんだ。温度や質量が欲しい。この子は何が好きで何がイヤで、とかこの人は何故こんなこと言ってこんな行動をとっているのか、という奥行きが欲しいのだ。ん?私はどこかで見落としているのか?んん?

 

 乙一、おまえ、おまえこんなやつじゃなかったろ?!

 って胸倉掴みたくなる(「お前にオレの何がわかるっていうんだ」って言われるパターンだけどもな)(これ前回も言ったな)

 

 まじで次回期待してるからな!ゼッタイだぞ!忘れんなよー!(←厄介さん) 

2022年5月、…言い訳をしたい。

今週のお題「サボりたいこと」

 

 えー、言い訳をしたい。させてください。

 以前もどこかで書いたが、私は出張が好きではない。厳密に言うと出張は嫌いではないのだが、出張に行く前がもう厄介さんで、準備はめんどくさいし、忘れ物をしないようにというプレッシャーもイヤだし、どこ行くにしたって遠いし(田舎だから)、朝も早いし、人見知りするからなんかもじもじしてると怖がられるし(たぶんだけど人相が悪いから)…なんかいろいろ考えるだけでどんよりする。それに加えてあれだ、先日小一時間カバンを肩にかけて歩き回ったら自転車に轢かれた人みたいになったのに、出張の荷物はその時の2倍くらい重い(本が数冊と書類)というのももう嫌だ出張行かない、そっちが来て。となる。あいつら田舎には来やしねえからな…いっぺん田舎の大変さを思い知れこら…(嫉み)

 

 そしてそんなこんなで、現時点。すでに5回の出張予定が入っている。ちっ。

 そしてそれゆえに今現在8連勤の真っただ中である。そりゃ人相も悪くなる。

 

 なので、軽量のカワイイリュックを買った。3万円ちょい。

 私の中での3万円はリュックに払う金額ではない。大体私の中でのリュック価値は五千円くらい。

 ただ、ネットでリュックを検索した中で一番かわいかった。もうこのカワイイの見たら他のに目がいかなかった。

 仕事用だし。

 ブランドバッグを買うことを考えたら超お安くない?バーキンとかケリーバッグとか200万円くらいするって聞いたことある。それ考えたら100分の一のお値段じゃない?(←ダメな思考回路)

 そもそももうこの出張の荷物(重い)を運べて、かつ内出血を作らないためにはリュックサックかキャリーバッグくらいしか選択肢がない。

 持つんだったらカワイイのがいい!ゼッタイ!自分じゃ見えないけども!(リュックサックだから)

 

 というわけで購入しました3万円超えのリュックサック。超軽量。まあものすごく重たい書類を入れるんだけども。意味ないけども。

 

 結論、今年の目標の一つ、買い控えるを無視してしまったことを心より反省したいと思います…仕事用じゃないリュックもう1個持ってるのに…目標達成をサボった。

 今後はより「買い控える」を徹底したい所存です…でも出張前の気分メチャ上がった(笑)。

 

 

 

今月1回目はアーカイブ、2022年5月上旬。

 久々のフィットネス。別にサボっていたわけではなく(なんならアーカイブ観て自主トレしたりした)、G.W.中はオンライン自体がお休みだったのだった。なかやまきんに君さんはまだ本調子ではなさそうだったけども、元気になってよかったよかった(おばあちゃんの気持ち)。

 

 というわけで、土曜日10時からのオンラインフィットネスだったのですが、お仕事だったためアーカイブで夕方に参加。その日のお稽古はその日のうちに、じゃないとすぐサボろうとするということは自分のことだからよくわかっている。信用ならない。

 というわけでやってみた。しんどい。暑くて途中ぽいぽい脱ぐ(ヨガウェアとサルエルパンツ大活躍)。汗が本当にぱたぱた落ちる。元々汗をかきやすいほうかも、と思うけどなんか最近気温が上がってきたこともあって代謝が上がっている。水とタオルとヨガマット必須。

 あーでも日頃本当に体動かしてないんだなわたしー。と今日も深呼吸しながら思いました。もう少し生活に「動き」を取り入れねばならないのかもしれません深呼吸ー。

 

 私の運動不足の体に効いている気がする。すごくする。

 というわけで、まだまだ続けようっと。

2022年G.W. 久々に映画に行く。

 半年ほど前に映画のチケットを2枚購入していた。最寄りの映画館でのみ有効のチケット(何観ても良いやつ)で、私は「前科者(森田剛さん出演)」と「ヘルドッグス(岡田准一さん出演)」を観ようと思っていたのだが、前者は最寄りの映画館ではかからず(おぅ…)、後者はチケットの有効期限内に上映されず、そんな中刻一刻と有効期限が迫る。ちなみに有効期限今月末。

 というわけで、慌てて今月上映される映画を調べ、G.W.の真っただ中、朝8:40に映画館に行きました。ねむいねむい。が、やはり読み通り、混んでいなかった。並ぶこともなく席をとり、中に入るとお客さんは5人。おお…思ったより早起き人口少ない…。

蜷川実花さん監督、柴咲コウさんが出演という情報しかない状態で「xxxHolic」を観ました。あっ、あと原作がCLAMPさん…?(曖昧)

 話がちゃんとわかる。中高生ならハマったかもしれない。なんというか、十代の人たちが好きそうなものがわんさか盛り込まれている感じ。お話がわかりやすいのはきっと、私のような者にもわかるように、ということだったのだろうな、と思う。ダークめのファンタジー。あと、ゴシックだった。ゴシック好きな人にもすごくささるんじゃないだろうか。

 ちなみに私は、あのトンデモ衣装が全員すごい似合うことに驚いていた、というか慄いていた(吉岡里穂さんの衣装だけがちょっとアレだけどもアレしかなかっただろうということもわかる、なんだアレって)。すごい。ああいうのがちゃんと似合うのがすごい。話がちょっと逸れるが、このジャパニーズゴシック、というかあの衣装とミセの内装だけでも世界に打って出ていいのでは。世界中にああいうの好きな人がいるぞ多分。と思った。

 あと、三浦大知でなく、米津玄師でなく、King gnuでもYoasobiでもRADWINPSでもなく、ちゃんと(?)sekainoowariの質量だった。ゲスの極み乙女。でもよかったかもしれん。

 神木くんはこう、全然カッコイイんだけど「普通の高校生」みたいな役が似合うな。陽にも陰にも2枚目にも3枚目にもなれる感じが良い。多分もう私以外の人は全員知っていることなんだろうけれども、発見。

 

 ちなみに観終わって謎も残った。2つ。

1つは「この後主人公ここで何するんだろう」で、

2つめは「この人たちお休みの日でもずっと高校の制服着てるの何故だろう」です。

 

 ちなみにあと1本は「シン・ウルトラマン」を観ます。わかるといいな。

2022年5月1日、わたしたちはむちゃくちゃ甘やかされている。

 5月1日。

 岡田准一さんが、V6の解散が決まってからの2年間をご自分のカメラで撮り続けた写真の展示会が東京でありました(現在は終了しています)。その写真たちを岡田准一さんご本人が解説しながら回ってくださる配信があり、迷うことなく参加。

 ちなみに私は九州に住んでいるしエッセンシャルワーカーでもあるため今回は現場参戦していません。というわけで写真は初見。

 

 結論、観れて、聞けてよかった。あーカワイイあーカッコイイあーフォトジェニック!!(語彙)

 そして相変わらず訥々と喋る岡田さんにむちゃくちゃ弱い私。ねむい、ねむくなる…なんでこんな眠くなるんだ催眠かこれも何かの技なのか師範…?

 途中危なかったけどちゃんと最後まで観ることができました。

 写真とは関係ないけれど、会場は木の匂いがしそうだなあとずっと思っていました。

 途中動画が止まってしまいぐるぐるってなりましたが一度だけでした。

 写真家の上田さん、こんな風に言ってもらえるの嬉しいだろうなあ。
 みんな笑顔だなあ。

 

 元気出してね、僕らは元気で前を向いているよ

 

 またそう言われている気がする。

 思いやりというかホスピタリティーというか、なんというかもう甘やかされているよ。

 とりあえず私はそれを甘んじて受けながらいろんなことにチャレンジしていきたいと思う。やりたいこといっぱいあるし!

 ちゃんと頑張ろう。と思えるいい配信でした。参加してよかった。

謎解き短編とファンタジーを読む。2022年4月ラスト。

4月に失効するドコモの期間限定ポイントが2000ポイントあるのに、住んでいる場所が田舎すぎて、近所でポイントが利用できるリアル店舗がコンビニとユニクロしかなく、ユニクロに駆け込んで仕事着を買ってきました。仕事着はユニクロ、っていう人が周囲にたくさんいるのですが、物理的な話をすると、ユニクロが想定する「ニンゲン」と、「私というニンゲン」のサイズが違っていてとにかくびっくりするくらい似合わないかパーツパーツでサイズが合わなくて足が遠のいていた。同じSサイズでもカッチリしたデザインだと肩幅が合わなかったりする…くー。ユニクロ…私のコンプレックスを刺激するブランド…。

 ただ大量に試着した結果(6着くらい)、私のコンプレックスを刺激するお洋服は全体の半分くらい、残り半分は私でも着こなせました。進化。仕事用のシャツを1着購入。ドコモポイントありがとう。

 

 さて、本を2冊読みました。今年の8冊目と9冊目。

 ミステリー。

 本と鍵の季節 米澤穂信 著

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本と鍵の季節 (集英社文庫(日本)) [ 米澤 穂信 ]
価格:792円(税込、送料無料) (2022/4/26時点)

楽天で購入

 

面白かった。今のところ米澤穂信さんの既読本は「おもしろい!」「どこがおもしろい?」「怖い」のいずれかで、判断つきかねる作家さんなのだが(失礼)、今回は「おもしろい」でした。

 図書委員男子高校生二人の謎解きもの。事件ごとの短編集なので読みやすい。

シリーズぽいのにどうやらシリーズではなさそうです。続きがもし出たら読みたい。次は「黒牢城」を読もう。

 

 

ファンタジー

一ノ瀬ユウナが浮いている 乙一 著

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一ノ瀬ユウナが浮いている [ 乙一 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/5/1時点)

楽天で購入

 

 えー…久々の乙一さんの小説で、えー…期待しすぎた。

 確かにさすがの乙一さん、さらっと読める。ただなんだろう、お手軽ファストフード感がぬぐえない。途中で展開が読める。なんならタイトルと表紙でどんな話かラストまで大体わかってしまう。どこかで見た誰かの小説乙一さんVer.という感じ。裏切らないけれど、私は裏切られたかった。

 辛辣な言い方をすると、テーマの決められたお話はもう書かない方がいいと思ったし、一ノ瀬ユウナだけでなく乙一さんも浮いていた。おまえそんなやつじゃなかったろ?!って詰め寄りたくなった(それはそれで「お前に一体俺の何がわかるんだよ」って言われそうだけれども)

 うーん、読みたかったのはこれじゃなかったなあというのが正直な感想です。

 好きだからこそ、なおさら。

 次回に期待してるからな!どの名義でもいいから次はちゃんと裏切ってくれー(笑)