のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きというだけの日記です。過去の観劇日記などもこちらに置いとく予定です。

2017年8月、映画「銀魂」を観ていた。つよっさんが誰よりもセクシー。

 朝は何ともないんだけど、夕方くらいになると、屈んだりしたときに腰が変な感じ。いかんやばいぎっくりごしかもせつない。

 ここ数日、そろりそろりと生活しています。でも週2で踊るのはやめてない。意味ない。だって屈まなきゃ何ともないんだもん!

 

 さてそんな中、映画「銀魂」を観てきました。行った時間帯にこれしかやってなかった。いや本当はワンダーウーマン見たかったんだけど明日からだった…間違った…。いやいや銀魂も観たいなと思ってはいたのでよかったんですけどね!
 えーと、マンガを3,4巻目くらいまでしか読んでいないひとなので、感想を言うのも何だかはばかられるのですが、

 マンガが原作のせいだと思うけど、実写だとちょっといろいろ起こりすぎてて画面がうるさい。ああ、マンガやアニメだとしっくりくるのだろうなあと思いました。
 でも、近藤さんは実写のほうが笑える。演技めちゃうまいのなこのひと。
 銀さんは小栗さんでないとできなかったろうなあ。(でも小栗さんのことはちょっと苦手なんだが。近くにいたら困るタイプ)
 新八くん違和感なし。神楽ちゃんは走ってるとこカワイイ。
 お妙さんが美人すぎる。ちょっ、もっと出演して。彼女を観るためにこの映画をリピートしている人とかいそうだ!これはいいながさわまさみ!
 菜々○さんのおみ足が長すぎる。
 沖田さんがすごく沖田さんだった。だれこのひと!
 高杉さんが色気むんむん。お色気担当だったのかな。堂○剛さんのファンだったらキャアキャアいうね!


 映画はちゃんとまとまってて面白かったよ。
 あと、私の主観ですが、役者さんたちの演技の上手さがすごいわかる作品な気がするので、そういう目で見ると相当シビアに観れるよ・・・。と思ったり。

 帰りに面白そうな映画のチラシだけ持ち帰り。「泥棒役者」と「キングスマン」は面白そうだなあ。