のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きというだけの日記です。過去の観劇日記などもこちらに置いとく予定です。

2010年1月、天神でよしもと初笑い。

天神へ。友人の結婚式がなくなったので(年賀状に、破局したので結婚式中止☆ってきた…招待状、クリスマスくらいにもらったのにでもハッピーそうだからいいか!合わないって早く気づいてよかったよ!)、髪を切る。さっぱり短く。ほりき●まき風…うそですすいません。でもさっぱりしたのはホント。

 ほんで、本屋寄ってカフェで軽くご飯食べたら時間がギリなことに気づいてタクシーに飛び乗り(いつものパターン)、お笑いを見に行く。
 久々だ…よしもとは特にあやさんと行ったなんば以来じゃないかな。「お笑い」というくくりにしたって二人会(落語。林家正蔵師匠と桂歌丸師匠)以来だから3年ぶりくらいか。
 サン●レスが満員で立ち見まで出てて驚いた。おわらいって人気なんだなあ(疎い)。三時間もあるのに立見席のひとはツライなあと思っていたら途中休憩の時、立見席にパイプ椅子が出てたので他人事ながらちょっとほっとした。が、休憩10分は短い短すぎる。
 というわけで以下ちょっとネタバレ&おわらい初心者の感想。

 
 一部の新喜劇(一時間)面白かった。はなまるだいきちさんは、華さん芸達者だなあというのは知ってたのですが、アレだなあ、だいきちさんのツッコミがとても冴えている。おもしろかった。うたへただけど。
 最後のオチの、とある小道具が動かないというハプニングがあり、うまいことオチなかったんだけど、舞台上の全員が超テンパるさまが見れてそれはそれで面白かった。あっはっは。
 二部のふくおかの若手さんたちは…が、がんばってた。
 トップが急遽ばっどぼーいず。ボケの人はじめて見た(あっ)。でもぼけのひと面白い。あの間が丁度いいとおもった。
 ダイ●ー(百均)で売られている本のネタが面白かったけどあれはダイ●ーの本作った人が面白かったような気もする…。
 警察コントをしてた「とりてん」(かな?)という人たちが面白かった気がする。でもレモンティーのほうが印象が強いのはなぜだろう。
 三部、とーきょーおーさかの若手芸人さんたち。
 ハイキン●ウォーキング、笑●飯、ラ●センス、サ●ンナ、ノン●タイル、パン●ブーブー、博●華●大吉(出番順にしたつもりだけども違ってる気がひしひしとする)
 わーにんきものがいっぱいー。だと思うー(←よくわかっていない)
 両隣の中高生が小さく歓声を上げていたので(謙虚だ)、多分そう。
 ちなみにワタクシの本日のお目当てはラ●センスさんとノン●タイルさん(笑)。
 トイレに並んでいるとき、同世代くらいの女性二人が一生懸命ハイキング~のきゅうたろうさんの話をしていて、ああ人気があるのだなあと思った。ら、登場時のまつださんの歓声度合いもハンパない。すごく細くてオトコマエだなと思う。ブティックの店員と客のコント。
 が、コント早々マイクの調子がおかしい(雑音が入る)。
「ね、ねこがいる?」
 と二人してキョロキョロしつつ、コント再開。が、途中、きゅうたろうさんが動く度にマイクの調子がおかしくなることにほぼ全員が気づく。
「おまえの髪の毛じゃねえかよ!」
 まつださんがツッコんだように、服(ピンクのトレーナーにネコのプリント)につけてるマイクに、長い髪がかかってたせいでの雑音だったため、速攻、どこから出したのかゴムで手早く髪をひとくくりにしていました。どこから出したんだろうゴム…というかくくるの手馴れているなー。ええと、がんばれまつださん。
 
 笑●飯は…あの目が据わっている感じとやすしししょーに似てる感じがちょっと苦手。でも面白かった。ガムの妖精の話をしてた。
 ネタ中、かたほうの人の目が据わっててほぼ一点を凝視状態。
 ……あのう…いま、すごく目が合ってる気がするんですけど気のせいですか気のせいですよね気のせいといって。(そういう位置で見てたせいもある)

 サバ●ナさんは…えーと中学校の卒業式ネタ?ななめ後ろくらいにやぎさんじゃないほう(名前わからん)のすごいファンの人たちがいたみたいでネタ前に声援が飛んでいた。すごい。人気あるんだなあ。

ラ●センスさんはさすが、というか、出囃子?だけで色めいたざわめきが会場を覆う。間違いなく本日一番の人気だったと思う。すごいなー。
 高速で移動するエレクトリカルパレードから、カーナビの話へ。
 前方のおじさま、「らい●んすを知らないひと」という問いかけにまっすぐな目でまっすぐに手をあげないでください面白いけど。(「傷つかないとでも思ったかー!」と言ってた。)

ノン●タイルは小さいほう(名前忘れた・・・イシダさんじゃないほう。でいさま。)の人がバーに通う話。
ネタ前に3階席と2階席を煽るも2階席の反応が少し悪かったため、何度も煽るが、三度目くらいに「もういいー!」と2階席のお客さんから返ってきたのが面白い。あっ、思い出した、イノウエさんだ。
 途中シェイカーを振る仕草をイノウエさん(気持ち悪く)→イシダさん(普通に)の順にやるのだけども、その時のイシダさんへの「すごーい、かっこいー」的な歓声に、ネタとは全く関係なく無駄に対抗心を燃やしたイノウエさんが
「オレかてホンマはやれるわ!!!」
 ときちんと普通にやり直して見せ付けてたところがとっても意味がなくて、でもすごく「でいさま」だと思った。面白いひとだ。
 テンポがすごくいいなあと思う。笑●飯にも感じたけど、多分すごく練習をするのだろーなと思った。
 

パン●ブーブー。優勝して以降、すごく忙しくなったそうだ。ネタはプラットホームでの別れ。じょうずですごい安心感、だけどすごく地味なコンビ。この地味さ加減がよいのかなーと思う。

博●華●大吉
 方言でニュースを読む、という話。こういう風にニュースを読むと悪いことするひとが少なくなってきそうな気がするのはワタシだけでしょうか。是非ホントにニュース番組を担当してほしいと思うのですがどうでしょう。

 というわけで、すごい面白かった。あと、みんなすごく楽しそうだったのがよかった。もうこんなにたくさんの芸人さんたちを見ることはないかなと思うと感慨もひとしお。(感慨?)
 三時間半。終わって速攻帰宅、車に乗り換えてピアノ行って本日終了。よく間に合ったなあワタシ。
 大変充実した一日でした。
 また機会があったら見に行こうー。