のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きというだけの日記です。過去の観劇日記などもこちらに置いとく予定です。

2019年10月、ようやく映画「おっさんずラブ」を観に行った話。

 映画「おっさんずラブ」を10月に入ってようやく観た。
 もう私のスケジュール的に観に行けそうなのがその日しかなかった。

 以下もう辛抱できないのでネタバレする。





 …何だかいろいろぎゅうぎゅう詰めだった!!

 あの人もこの人もみんな出てきたし
 海外も恋愛も記憶喪失も火事(爆発?)も誘拐も花火もヘンなメニューもいろいろ出てきてなんだこの福袋感。

 春田くんはちょっとやっぱりそこになおれ(あっ)。「もう泣かせません」と100回ノートに書きなさい。
 牧くんはかわいかった。春田をぎゅ、と抱きしめた顔とか手を繋がれたときの表情とかもう100点!せんせいは100点をあげます!(何様)。
 恋する牧くんの愛らしさたるや。あの目のうるうるは常態なの?
 というかもう言わせてくれ。
 牧くんからはもうずっと春田(もう呼び捨てだ)のことが好きですという気持ちがだだ漏れていなかったか。すごい役者だ林遣人。語らずとも溢れ出す恋情を表現できるって実はすごくないか?春田とかその感情は本当に恋か?子供の執着じゃないのかそれ?って思えるときもあるというのに(まあそういうヤツなんだけどな)。つうか春田、そんな適当に大事な指輪を買うな!
 
 映画の見所としては、
 きんぴらのくだりがかわいかった。あのくだり絶対もっと長いはず。メイキングとかで観たい。ノーカットで観たい。サウナでの大乱闘ももっと長く撮っていたはずだ絶対。メイキング観たい。どこかで出してほしい。
 
 その他一言コメントするならば、
 部長が二度ふられるのがせつないな。
 ジャスは何故あんなとこに浴衣着て一人でいたのかな。
 なんかもうあの火の勢いで助かってるのスゴイな。
 個人的には部長と牧くんの最後の乱闘が好きだな。部長ったら牧くんのこと蹴ってるわ顔面を鷲掴みだわ…アドリブ最高。



 今回の映画の何がよかったかってまあ一番は恋する牧くんのかわいらしさなのだが、
 二番目は、全員が「未来」について考えていて、そのためにもがいたり努力したりしてることだと思う。
  なんかイイ映画だった。追い「おっさんずラブ」をする人たちの気持ちがわかる。映画、あっという間に感じた。


 私も忙殺されてないで、やりたいことをちゃんと考えないとな。ポルトガル行きたい(唐突)。
 とりあえず明日から頑張ろう(月残業80時間超えてるからもう頑張っちゃダメだ)と思える映画でした。ふふふ…。