のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きというだけの日記です。過去の観劇日記などもこちらに置いとく予定です。

2017年11月、横山幸雄さんのリサイタルに行っていた。

 今日は仕事だったので今日ではないんだけども。


 ピアノを聴きにゆきました。横山幸雄ぴあのりさいたる。
 午前中が公開レッスンで、
 午後がリサイタルだったんだけども。

 まあそんなわけで丸一日がかりだったんだけども。


 いろいろすごかったー!

 公開レッスン。初めて観た。
 一般のピアノ相当上手な人と、プロの差ってこんなに「歴然と」あるんだな、と思った。
 音が違うよ!なんだこれ!モノクロと極彩色くらい違うよ!ところでここのホールのピアノめちゃイイ音だな!!

 なんつうのかな、横山先生、
 最終的にはやっぱりテクニックの差ってことになるんだろうけど、抜群の音のコントロール力だなと思いました。一音一音計算されていて、きちんと計算通りに弾けるってとこがすごい。
 
 ピアノのことを、生徒さんたちに「これからもお勉強してください」って仰っているのを聞いて、
 ああ、この人にとっては「ピアノはお勉強」なんだな、と思った。一生学び続けて行かねばならないもの、みたいな感じか。まじめだ…(←こら)。

 午後はリサイタル。アンコール込みで二時間。
 ショパンがすごかった。
 「超好みー好きー!」って感じではない。そんなにあく強くない。(あくの強い演奏が好きだという奇天烈な人間なのですすみません)

 けど感動した。パワープレイじゃない、断じてないのに、パワフルで大層美しい、流れるようなショパンだった。

 本当に美しいものは感動するよねホントね…まばたき忘れた…涙出る・・・
 幻想曲(Op.49)、ポロネーズ「英雄」(Op.53) は、本人(飄々としているので表情からは全く何がなにやら読めない)も好きな曲なんじゃないかなと勝手に思った。

 
 この人写真映り(うっかりアンケートに書いてしまったくらい悪い)と喋り方(まじめすぎ)と無表情(ピアノへの情熱が伝わらない)で、めちゃ損してるなーと思いました。…三重苦だ。

 またお近くにお寄りの際にはリサイタルしてください。行くからー!