のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きというだけの日記です。過去の観劇日記などもこちらに置いとく予定です。

2016年2月、夜中じゃないけど混乱していた

 何だかいろいろ良いことも悪いことも一気に起こっていて、いや私のスケジュール管理が悪いせいだと言われたらそうなんだけど、ちょっと混乱している。

 整理したい。

(1)大したことない会議で大したことない提案したら大揉め。(いや私はただ言えと言われただけなのだが)

(2)遺伝子検査の結果が返ってくる。
(3)DVDが来る。
(4)ダンスのみんなで飲み。
(5)唐突に思ってもみなかった同僚女性から稲○さんのソロコンのチケを与えられる(いまだにハテナマーク)
(6)腹筋が割れる。
(7)幻想即興曲を何にも考えずに「こんな感じよねーなんちゃってー」という風に弾いたら注意される。

 
 何かほかにもいろいろあった気がするけど、多分仕事関係のあれこれなのでもう思い出さないことにする。
 
(1)ももうどうでもいい(わー)。ワタシカンケイナイ。もうそっちで良いようにしてくれ、と丸投げ。
(2)遺伝子検査はまあ楽しかった。大変な病気の診断結果はあえてロックがかかっているのだが、全部全くためらいなく結果を見る私。もう決まっていることなので見ようが見るまいが同じなのだ。 シュレーディンガーの猫は「とりあえずシュレーディンガーをぶん殴って猫助け出す」の一択でよろしく。
 いろいろわかったような気持ちになって、ためになった。でもまだ遺伝子検査は統計学の領域を出ていなくて、それを鑑みるとちと高い値段設定だなと思う。2~3万円くらいするしな。

(3)DVD・・・!まだ特典のDisc3しか見てないけど、手巻き寿司が良かった・・・!
 途中静かに居場所…(巣かな?)を作っている森田さんに熱くなった。あとパジャマで完全オフになってる岡田さんとかもよかった。なんだろう、全体的に良い・・・!まだあとさんまいもある・・・!でももうA買いそう・・・!ぽち。ぽちってしそう!

(4)飲んだ。なんだろう、みんな年齢もバラバラ、全然違う個性の人たちなんだけど、共通していることが見える飲み会だった。あれだ、みんな「わたしはわたし」という人たちなのだな。
 飲みものも全然被らない(笑)。かぶせようとか誰一人微塵も思ってない。

(5)ソロコンに。一週間くらい前にいきなり誘われました。それも
「一緒に行くひとがいないから一緒に行ってほしい」と言われた。なんだよくわかんねえな、と思ったのでよく聞いたら、
 全然年配の方で、こんな夜中まで一人で遊んだことないから一緒に行ってほしい、という。
 そんなもんなの???

 多分昔忘年会かなんかで席が近くになったとき、その人がライブの話をしてて「あー私も行きましたよー」という話をしたのを覚えていてくれたのだろうな。

 で、行ったのだけど、私全然曲知らなくて浮いてた気がします。
 あ、でも昔のソロ曲はすげえわかった。アンコールは全曲わかった。よかったほっとした。
 えーいなばさんはかっこよかったです。今回天井席でしたが、あんなの近くで見たら間違いなくまっすぐ後ろに倒れそうだ。(でも機会があれば間近で観たい)


(6)腹筋。やっぱり割れてる。
 もうダンスしか思い当たることがなくて、多分だけど今までずっとやってきた踊る前のストレッチのやり方がようやく(ホントようやくだよ・・・)うまくハマったのだろうと思いました。だってもうそれしか思い当たることがない・・・そうじゃなかったら何か腹筋が割れる病気だよ(なんだそれ)

(7)今まで気づいていなかったのですが、ショパンの幻想即興曲というのは右手と左手が全く違う拍のとり方をしています。なので、「多分こんなかんじー」と適当に弾いたら、適当に弾いてる、ということに気づいた先生が
「こことここだけは合わせましょう」と仰られました。
 あっはっは。ばれてたー。
 でもこれ、ムカデの行進(というのかしら、足をどうやって動かすか考え始めた途端に一歩も歩めなくなる百足の話・・・)と同じで、考え始めるとうまく音がハマらないんだよー。

 次のレッスンがんばりたい。

 
 そして今からDVDをちょっとずつ観る。ふふうふふうふふふふ・・・。