のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きというだけの日記です。過去の観劇日記などもこちらに置いとく予定です。

2009年9月、カミコンラストは地元で。

 カミコンラストは地元で…!今帰宅しました。
 地元はやっぱりすっごいキョドるんですが、なんか…思ってたよりキョドってる場合じゃない席位置で……おおなんだこれはワタシは今何を試されているのか。となりました。
 でもまりんめ●せはちょっとライブには向かない構造。そのせいで、目は合わない。もー見事なほどに合わない。勘違い乙女にもならない。後で確認したらままん(同行者)も合わなかったと言う。当たり前だが手の届く位置でもない。めそめそ。

 でもでも
 カミの皆様は
 もーーー、すんばらしくかっこよくかわいく素敵にキュートでございました。ごちそうさまだまんぷくだ。
 詳細はまた後日改めて書きますが(つうか書かせろ)、わーってなりました。わー。

 来年舞台やるそうなので、今度こそチケットがとりたいです。(げきだんしんかんせんのイゾーが全然ちっとも全くもって当たらなかった過去アリ)
 ああまたちょっとがんばれそう…。

 というわけでもはやすでに一昨日なのですが、カミコン行ってきました。
 
 急遽ママとの参戦だったのですが(ママ初参戦)、まあスタンド席なのでわりと呑気にお出かけしました。
 ステージは今までと同じく途中高低差のある8の字、だけど会場の広さの都合か、高低差が坂でなく階段。道はつけてあるものの、8の字を回るとステージから一旦降りてまた上るかんじ。

 ほんで席は8の字の一番底の付近。ワタシの隣りは通路でその横のブロックは親子席。ほんで、前…がない。
 アリーナの都合でワタシの前の席が一気に潰されている…!というわけでステージ→数メートルのお客さんたちが通る通路、ワタシの席、という…ああああああごめんあやさん…!!!

 メインステージはかなり遠かったのですがフロントステージから隣りのお子たちに微笑みかけるお3人様が見れました…目は合わなかったけどな…(ちょっとうちらのほうが高い位置だったせいか…くそう…ワタシも笑いかけられたいそしたら一生がんばれそうなきがするいや待てその前に卒倒するなそれな)

 ダブルアンコールまであってきっかり2時間半。一日のみで日帰りのせいなのか、ネットで叩かれたせいなのかMCがかなり短かったです。
 以下ねたばれ。

 MC開始後、すぐに中央に三人ぎゅっとくっついて並んでしまって、
「オレら、何かどうしたらいいかわかんなくなったら寄ってきます」
(多分Oさんが言ったと思うんですが…)
三「三人寄れば何かいい知恵も浮かぶってもんですよ」

    ☆

剛「俺髪染めたんですよ」
岡「あー…(理解)」
剛「映画撮影終わったから。でもイマイチ黒が中のほう残ってて上手く染まらなくて、でもまーいーやと思ってたら、こいつ!(K指差し)言うにことかいて何て言ったと思う?」
岡「なに?」
剛「●●さん(←事務所の年配女性スタッフ)」
三「だってこの色がさ、丁度おばちゃんが染めるような色じゃない?」
剛「そんなこと言ってんのお前だけだっつの」

      ☆
岡「あれ、話していーの?」
剛「…あれ?あれってどれ…?明日のゴルフが7時からか10時からか、って話?」
 しばし三人で内緒話。もう情報出てる、出した、という確認をして。

剛「年明け、舞台やります。ニナガワユキオ監督、ホンは寺山修二さんで、テロリスト役」

剛「17歳の」

 瞬間どよめく会場(笑)
剛「誰が『えーっ』て、オレが一番『えー』って思ってるよ!!(怒)」
岡「悩んでたもんね『オレちょっと声高めでやったほうがいいかな』って」
三「やっぱ17歳だったら元気いっぱいでしょ!」
剛「えー」

 まだ脚本もらっただけで、監督以下誰とも会っていない、ということで、
剛「監督どんなひと?やっぱ灰皿投げる?」
(岡田さんは以前ニナガワ監督と仕事した経験アリ)
岡「灰皿は飛んでこなかったけど…そうだな、なんか言葉の裏にあることを読み取らないといけなくて…女性には…あんまり…あぁぁ…」
三「何色っぽい声あげてんの?」
岡「言っていいのかな…・・・あのね…小さいお子さんの耳塞いどいてください…あのさ、演技でセリフの前にもうすでに感情があふれちゃうことあるのね、そういうとき監督はすぐ『このソーローが!』って言うの。ごめんねここ女の子ばっかりなのに」
三「えええ、何で知ってんの?!ってなったりしてね。……なんてね」(にやにやしてる)
剛「へー」(にやにやしてる)
岡「(笑)でね、女性の方はそういうの言われてもよくわからなかったりして『なんか今すごい侮蔑された!』みたいになる人もいるかなって…」
剛「お前も言われた?」
岡「(失笑)言われた…」
剛「そーか、オレも言われたいかも」

   
 MCは今までで一番短かった気がしました。
 でもオカダさんのミヤケさんに対するセクハラは一番多かった。腰に手を回すフリして自然に触るっつーか触れる。ワタシが見てただけでもさんかい…しかもかなり注意してみてないとわかんないよーな触りっぷり(こらー)
 一回はミヤケさんが仕返しで触り返してたけど途中であきらめた模様(おいおい) 
 
 ええとええと、とにかくかっこよかったです。もーシャツの汗染みまでかっこいい気がしてならない。なんでミヤケさんは肩と腕の合間のぐるりがリング状に濡れてんだろう…かわいいけどな!
 

 あと、ライブのラストに、カミセンありがとう、って三人がお互いに抱き合うのですが、いつからやら
 岡田さんと三宅さんだと三宅さんの片手がOさんの頭に回ってセクシーです。
 三宅さんと森田さんだと自然にきゅってやったまま、左右に片足ずつ上げながらしばらく左右に揺れていてかわいい。
 そして森田さんと岡田さんのハグをさっぱり覚えていないワタシはちょっともうどっかネジが緩んでいる気がしてならない。

 ほんでラストの観客に向かってのお辞儀は向かって左からMGOで、ど真ん中のGさんはどちらからも手首を握られていましたかわいい。
 そしてアンコール、ケンちゃんごめん、ネイビーのボクサーパンツが見えました…(だからどこを見ている)。すいませんすいませんヒトとして曲がっててすいません。
 でもまた行く。


 あああああもう本気で年明けの舞台チケ取りたい今度こそ取りたい…!念ー。