のらりくらり日記

世の中のいろんなことにひっかかりつつ流される備忘録。好きなものを好きというだけの日記です。過去の観劇日記などもこちらに置いとく予定です。

2009年7月、カミコン3/3。昔も今も魅力的だ。

 さて、昨日の続きです。
 かなりうろ覚えなのですが、もう少しお付き合いくださいませ。


26日1部。
●昨夜、ようやく健オススメのおすしやさんに行った話。

三「昨日、ようやく3人揃ってご飯食べたんだよね」
岡「オレがいつも実家に帰っちゃうからずっと行けてなかったんですけどね、ようやく」
三「うん、ようやく」
森「O阪は魚美味いよね」
岡「……いや…O阪で魚旨いってあんまり聞かない…」
三「あのお店だったから美味しかったんだって。あのねー、一皿250円なのに、ネタが大きくて、ごはんはちょっぴりなの」
岡「たまごやき…」
三「たまごやきがね、ほんともう黄色いオシボリと全く同じ大きさでさ」
岡「でもけんくんあれ、『どんだけデカいんだよー』とか言いすぎだよ。あれじゃあ(しつこすぎて)大将に嫌がられるよ」
三「あれはあー、オレとおじさんの間柄だからこその会話なわけよ!」
岡「ええー」
森「終いにゃあコップたたき出したからな」
岡「そうそう。『ねーねーまだーーー?』って」(両手で箸もって叩くフリ)
森「でも旨かったな」
三「そうだよ、二人ともお酒とか飲んで。……梅酒だっけ」
森「梅酒。二人とも」
岡「この二人(ごーけん)お酒ダメなんですよ」
三「オレはもうホントにダメで」
岡「この人と飲むともうホント大変なんですよ。……いやっ、もしかするとそういうのが好きだっていうひともこの中にはいると思うんですけどね、」
三「オレねー、すっごく甘えたくなるの」
森「すっげえうざい」
岡「ほんと…めんどくさいというか…昔酔っ払って『んーーーもうくつした脱がしてーーー!!』とか、ありましたからね!」
森「『んーーーーーズボン脱げないーーー』とかもな」
岡「そんでまだオレらとかスタッフだけならいいけど、ほっとくと知らないおじさんの膝とかに座ってるからね」
森「あぶないですよ」
岡「ちょっと危ないです」
 
 いや、だいぶあぶないよ…

●誕生日の話
岡「ところでさあ、おととい坂本くんの誕生日だったって知ってた?」
(明らかに自分は忘れていた、という口調)
森「あー」
三「うん」
(二人とも知ってたような気配だったけど特に何もしてなさそうだなあと感じましたがどうでしょうか)
岡「何かあげたりする?ていうか何かもらった?」
森「うーーーーーん…電子辞書?オレちょっと前、『IZO』の舞台やってるとき、台本で読めない漢字がいっぱいあってさ、そしたら坂本君が電子辞書をそっと(くれた)。あっ、あとゴルフボール」
岡「坂本くんはさー、ちょっとごうくんに遠慮?何か気を遣ってるよね」
三「うんうん。オレ二人で何喋るのか全然想像つかないもん」
森「多分二人きりにしたらシーンってなるな」
三「共通点はゴルフくらいだよね」
森「あー」
 
 坂本君からジーンズの腰履きってどうやってやるの、って聞かれた、という話をしてたのが誰だったか忘れましたすいません。


三「ごーはさかもとくんのファッションリーダーだからさ」
岡「オレもさ、この間珍しくさかもとくんから電話かかってきて…まあ電話の内容はともかく、最後に『じゃあゴウにも伝えといて』って言われた」
三「オカダというクッションを挟んでじゃないとね」

●6年ぶりのライブに当たって
岡「やっぱり変わったかな。成長してるよね多分…」
三「やたらと脱がなくなったよね(笑)」
岡「でも健君誕生日も来たけど、あんまり変わってないような…」
森「オレ、こいつと中二の頃から一緒にいるけど、ぜんっぜん変わってない!むしろ昔のほうが大人だった!」
三「えええ?!成長してるよ!何いってんだよ」

 あと、ナガノくんの大阪弁はちょっとむかつくとか、
 同じおじさんの店ですごく食べて、最後にお酒勧められて一気飲みしたら食べたもの全部リバースしちゃった話(健)とかもこの回でした。

 あと、MCではありませんが、歌の途中、スカーフを投げる演出でうっかり自分のスカーフを投げた途端奈落に落としてしまって笑いながらフリだけやる岡田さんとか見れました。


 26日2部。
●30才を迎えて。
岡「何か変わる?」
森「おれ?……んー、なんか、いろいろやってみたくなる。昔は全然準備運動とかしない、アキレス腱も伸ばさなかったのに、IZO(舞台)くらいからかな、体を鍛えることを覚えた」
三「あ、やってるよね!まさかの胸板」
森「胸板ついた」

 MC中、自分の宣伝が終わったら後は他人(オカダ)まかせのモリタさんですが(大体いつもそう)、『えー、今話ふったのに無視?』というトホホ感満載のオカダさんがかわいくてすきです。
 年上二人に翻弄されている(笑)

 他にもいろいろ、
 髭が伸びやすくて映画とってるときは一日に三回も剃らねばならなかったというオカダさんや、逆に生えにくいというミヤケさんのお話とかあったんですがう、うろおぼえ…。 


 あと、MC以外ではやっぱりスカーフを投げ合う場面で何故かうまく受け取れず何度もスカーフを取り落とす森田さんが見れました。にこにこ。

 
 何はともあれ楽しかったです。そして3人ともすごくかっこよかったです。2日目1部は本気できゅんきゅんしすぎて倒れそうだった。
 あれは、ノリのいいのがスキなモリタさん(さすが、「ちやほやされたい褒められたい」というミヤケさんに、「その気持ちわかる」と返しただけはある)が親子席では物足りずにすぐ横のブロック(スタンディングOK席、私共がいた席)をあおった、ということなのだろうなと考えました(のうみそむだづかい)。
 
 あとO阪ラスト、岡田さん・三宅さんが抱き合うとき、岡田さんの頭に三宅さんの手が回ったのがかわいかったと思います。

 ともかく瞳孔開いた。よかった行って。魂の洗濯…!!ざぶざぶ。

 なんだかちょっとお仕事がんばれそうです。頑張ろう、夏。